50名超のエントリーを勝ち抜き、12名の選抜者が決定しました!
選抜者ページはこちら

SIOは、関西発のアクセラレータープログラムです。


関西から世界にワクワクを!
キミの事業をSIOで磨こう!

新しい物語が始まります。

What’s SIO?

本日から、スタートアップイニシャルプログラム大阪「SIO 2022」の応募を開始します。

【 SIOについて(大阪府)】(別ページが開きます)

今から2年前の2020年7月。大阪・京都・神戸の3都市からなるコンソーシアムが、内閣府の進める「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」の「グローバル拠点都市」に選定されました。
SIOは、このような取り組みの一環として、関西にエコシステムを構築し、世の中にまだない新たな価値を創出していく挑戦者を後押しするためのプログラムです。
関西から世界にワクワクを届けるために。SIO 2022は、これまでの歴史を引き継ぎながら、より熱を帯びて羽ばたいていきます。

ぜひ一緒に、新しい関西の歴史をつくりましょう。

約7ヶ月間続く「SIO 2022」には、たくさんの素晴らしいメンター陣が集結します。きっと参加者の皆さんにも満足していただけると確信しています。 投資・協業・応援・コミュニティを求める全ての事業者の皆さん、本プログラムを通じて、あなただけの応援団をつくりあげてください。

私たちは、世界中の人が知っている企業を関西からまた一つ生み出すために、このプログラムを始動します。
ともに、新時代のSIOを作っていきましょう。

“あなたの事業で必ず世の中に笑顔を増やせます”

エントリー対象者

PLAYERS

以下の条件をみたす方に、エントリーいただけます。
<エントリー条件>

  1. スタートアップ企業である、又は、創業準備中であること。
  2. スタートアップ企業である場合には、創業3年程度以内であり、大阪・関西に拠点を有する、又は、本業務の期間中に大阪・関西に拠点を設けること。
  3. 成長に向け、既存企業との連携・協業に強い意欲を持って取り組めること。

まずはエントリーしてみて下さい。
その一歩から、世界は変わります。

プログラムのゴール

GOAL

メンタリングやワークショップを通じて、あなたの事業を、投資したい!協業したい!応援したい!と思わせる事業に磨き上げます。
1月28日のFinal stageには、あなたの事業を真剣に見つめる大企業、中小企業、大学関係者、エンジェル投資家、VC等が揃っています。

SIOで事業を磨き、あなたの求める投資、協業、応援を勝ち取り、是非ここでの7ヶ月を、事業を大きく羽ばたかせていくための足掛かりにしてください。


主なプログラム

PROGRAM

スケジュール

SCHEDULE

DAYEVENTS
2022/05/10 火募集開始
2022/06/06 月 募集締め切り(18時まで)
2022/06/10 金オンライン面接会(必要に応じて実施予定)

DAY EVENTS
2022/06/17 金 最終結果通知
2022/06/18 土

~2022/07/01 金

アイディアピッチ準備期間

(初回面談実施予定)

2022/07/02 土 1st stage(アイディアピッチ)+交流会
2022/07/16 土 ワークショップ①+メンタリング+交流会
2022/08/06 土 1on1オンラインメンター会
2022/08/20 土 ワークショップ②+メンタリング+交流会
2022/09/03 土 それええやんチームメンタリング①+交流会
2022/09/17 土 2nd stage(中間ピッチ)+交流会
2022/10/08 土 ワークショップ③+メンタリング+交流会
2022/10/22 土 実証実験メンタリング+交流会
2022/11/05 土 全体メンタリング+交流会
2022/11/19 土 ワークショップ④+メンタリング+交流会
2022/12/03 土 1on1オンラインメンター会
2022/12/17 土 ワークショップ⑤+メンタリング+交流会
2023/01/07 土 それええやんチームメンタリング②+交流会
2023/01/14 土 ワークショップ⑥+メンタリング+交流会
2023/01/28 土 Final stage(最終ピッチ)

 


参加特典

BENEFITS

実証実験の支援

広報協力

コミュニティ


お問い合わせ

INQUIRY

ここまで読んでくれたら、あとはエントリーするだけです。
でも、自分はエントリーできるのかな?など気になるところがあれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

運営に関するお問い合わせ先
担当:西井
メールアドレス:info@new-ron.com

さぁ、ここから世界を変えてやりましょう。

TOP